ASUS ZenBook UX21E のSSDを交換した

親戚が出張先で使っているネットブック。Office維持でWin10にしてほしいというので見たが、SSDが64Gのモデルで空き容量がゼロ状態。色々手を尽くしたが、どうしても8Gすら空かない、もにょってると、じゃあもう新しいの買うからやるとのことなので、喜んで(依頼を遂行できなかったわけで、喜んでいいのか微妙である)持って帰ってきた。

64GBのSSDだが、リカバリ領域があるのでCドライブは50Gしかない。winsxsをクリーンアップしたが8G空かない。ほかにもあれこれ消してやっと8G空いたが、リカバリディスクの作成ができない。ちなみにOfficeを消したら18Gくらい空いてリカバリディスクを作成できた。

リカバリディスクが出来たのでWindows10にアップグレードしようとしたが、そのままだとどうにも途中で止まって動かなくなるので、いちどOSリカバリした。ちなみに「リカバリディスク」は「リカバリ領域」をリカバリするもので、Windowsを初期状態に戻すには「リカバリ領域」からのリカバリが必要である。OSリカバリは起動時F9キーで始まる。OSリカバリ後、Windows10にアップグレードが完了。

そのまま売るか(今どきCが50Gとか無理ゲー)、SSDを増やして売るか(2~3万にはなるだろうけど)考えたが、どっちもパッとしないので、手間賃をもらってSSDを増やして元の持ち主に返すことにした。

CPUはCore-i7 2677M、メモリ4Gと、SSDの容量さえ増やせばネットブックとしては普通に快適に使えるものである。

基本的には以下の記事に従っている

ASUS Zenbook UX31・UX21のSSD交換方法 | Pastime工廠
ASUS Zenbook UX31/21のSSDをM.2対応SSDに交換する方法について説明しています。フリーのバックアップソフトを利用すれば簡単にデータの移行も可能で、高速・大容量の最新SSDに乗り換えられます。
『ASUS ZenBookシリーズ、UX21e SSD交換』
約、5年ほど前に発売されたZenBookの最初の頃のシリーズ。UX21EのSSD交換です。当時12万円くらいでSSD60GB 結構高かったです。今でも中古で5…

バックアップには EaseUS Todo Backup を使った。バックアップファイルはファイル形式で保存されるので、でかめの外付けドライブにぶちこめばOK

ブートUSBは8Gで足りた、WinPEで作成した

SSD交換には以下を使った

Amazon | M.2 NGFF (B KEY) SATA SSD → ASUS UX21 UX31専用 18pin SSD 変換アダプター | | 変換コネクタ 通販
M.2 NGFF (B KEY) SATA SSD → ASUS UX21 UX31専用 18pin SSD 変換アダプターが変換コネクタストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon.co.jp: Western Digital SSD 1TB WD Blue PC M.2-2280 SATA WDS100T2B0B-EC 【国内正規代理店品】: パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: Western Digital SSD 1TB WD Blue PC M.2-2280 SATA WDS100T2B0B-EC 【国内正規代理店品】: パソコン・周辺機器

起動時にESCキーでブートデバイスを選択、USBでブートして外付けドライブからリカバリ、難なく完了するが、元のパーティションを完全に再現するので、Cドライブは50Gで、400G以上の未使用パーティションがある

パーティションの拡張は後ろにフリーエリアがないとダメなのだが、Cが先頭でその後にリカバリ領域があるので、Cを素直に拡張できない

サードパーティのソフトなど入れてみたが、無料ツールでそのままパーティションを移動・拡張できるものはなく、数時間格闘した

結果的に、リカバリ領域をすべて削除したうえで素直にCドライブを拡張した。ただし、Windows標準のディスク管理ツールでは削除できないパーティションがあったため、それについては Minitool Partition Wizard 無料版を利用した

めでたし

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました